(仮)POKO HULA STUDIO主宰

賀陽 保子(かよう やすこ)

通称 POKO(ぽこ)

 

1998年、ハワイの人間国宝であるフラマスター ジョージ・ナオペ氏の直弟子
日本フラダンス協会主催マリアニーノ先生に師事する。
ジョージ・ナオペ氏、エンズレー・ハレマヌ氏から手解きを得る。
2004年2月にジョージ・ナオペ氏より、クムの称号を頂く。

2007年、横浜市中区関内にてHULA O PUA‘OLENAスタジオ開設

2013年、川崎市川崎区(川崎大師)に2店舗目のスタジオを開設

2016年1月に関内スタジオ閉設

2016年10月、スタジオ名を(仮)POKO HULA STUDIOに変更し再開

2016年9月、Manohiva Japan Poerava Taea氏に師事する

2018年3月、Tahitian Stuidio 開設

 

フラダンスを始めるまで

幼少期:福岡で生まれる。2歳より日舞を習う。
その後、関東に移り住み、4歳よりピアノとクラシックバレエを習う。

小学校時代:大阪在住・器械体操を習う。(全日本少年少女で総合2位入賞等多数入賞)

中学校時代:名古屋在住・モダンバレエを習う。

高校時代:川崎在住・関東国際高等学校 演劇科に通う。舞台の基礎を学ぶ。

高校卒業後:ニューヨークにダンス(モダン、クラシックバレエ、ジャズ、タップ)留学 (アルビン・エイリーに師事)

浅川美也主宰 劇団可燃物にて役者兼振り付けを行う。

新野まりあ先生と出会いフラダンスを始める。

Poerava Taea氏主宰、Manohiva Japanに入会する。

最近の活動について(2018 9 4)

(仮)POKO HULA STUDIOにして早2年。

細々営業しております(笑)

その間、色々な事がありました。が、フラ人生において一番平和な2年間だったと思います。

生徒も、増えもせず減りもせず。メンバーの入れ替えが少ない分、一人一人との今までにない濃厚な関係を築けているように感じます。

Manohiva Japanにお世話になってからもちょうど2年になります。

やっと少し体が動くようになってきました。

若い子に刺激を受けておばさん頑張ってます(笑)

今年はHULA O PUA'OLENAから数えて15年になります。

少なくとも後5年は頑張りたい!頑張ります。はい。(笑)

POKO